クリニック方針・理念・沿革

方針・理念

私たちがテーマとする“コミュニティホスピタル”には、地域の皆さまと心の通い合うコミュニケーションを大切にしたいという願いが込められております。

人々の健康を考えて地域社会に貢献していこうとする
決意の心をシンボルマークに託しました。

このシンボルマークは「信頼・思いやり・安心」の3つの要素の
頭文字 “C”を基に医療の象徴である『十字』を浮かびあがらせました。

これからも皆さまの信頼にお応えし、より一層いきとどいた
医療活動を行う所存でございます。

沿革

昭和56年1月『小塚整形外科』開業
平成3年3月
医療法人社団 岐友会を開設し、病院名を中部整形外科病院とする。
平成10年3月中部クリニックに名称変更する。
平成15年4月関連事業所として中部ナーシングホーム(有料老人ホーム)を開設。
平成21年4月開連事業所として中部ケアサービス(介護福祉用品の販売・レンタル)を開設。
平成22年5月開連事業所として訪問介護ステーション中部(訪問介護サービス)を開設。
平成22年8月開連事業所として中部ケアプランセンター(居宅介護支援事業所)を開設。
平成26年2月開連事業所として訪問看護ステーション中部(訪問看護サービス)を開設。
介護福祉用品の販売・貸与 住宅改修のご案内
高度管理医療機器について